フラワープランナーとしてのお仕事

先日…

肩書を変えまして

フラワープランナーとして再出発させていただきます。

mioです。

私の花屋での主なお仕事は店舗のディスプレイやお客様とのヒアリング、HPの管理やSNSでのアプローチ、新商品開発など

いわゆるお花屋さんの店員さんとは少し違う仕事が多いです。

 

最初名刺になんて書こうかと悩んだ結果

創造するを意味するクリエイターとして裏方でやってまいりましたが、少ししっくりきていないままお仕事をしておりました。

今回、新しい事業とともに改めて見直しフラワープランナーという言葉が下りてきてこれだとなりましたのでご報告させていただきます。

誰もクリエイターとしてやっていたことも知らないと思いますがw

 

フラワープランナー

花を贈る、花を飾る、花で祝う、花で弔う…あらゆる場面で使われる花が最高に輝き、それを手にした方に心から満足していただく。

寄り添ってその時できる最高のプランをご提案する。

そんな存在になれたらいいなと思います。

そして様々なご提案の中に、日本の豊な自然を守り、ロスフラワーを削減していくことにつながる道筋を繋げられたら最高です。

花と暮らし・森と暮らし・海と暮らす誰しもの原点である暮らしと受け継がれてきた伝統の中に入り込んで失われないようにプランニングしていきたいと思っています。

今日は、先日のプランニングのお話しを一つ…

 

 

お誕生日サプライズ

良くお店に来るお客様2人のA子さんとBさんの話

A子さんが近々お誕生日で、なにかあげたいとBさんに相談を受けました。

まずは予算

そして日にち(あまりにも短い期日だとお店にある物での対応になるので)

イメージなどをうかがいまだ誕生日まで日にちがあったのでいったん預からせていただきました。

それまでの間に、市場からの仕入れのたびに、誕生日に喜ばれそうな物をピックアップしながらインスタのDMでこんな物が入りましたいかがでしょうか?

と写真付きでご提案させていただきました。

1度これにしようと決めたお花があまりにもA子さん好みだったので

誕生日の前にA子さんがご自分でそのお花を購入してしまうというハプニングもありましたが

そこは臨機応変に、急いでそのお花のドライフラワーを作りサシェにして+少し珍しいグリーンを添えたプレゼントを作ることができました。

最近緑色が好きと言っていたA子さんにとっても喜んでいただくことができ、私もとても嬉しかったのを覚えています。

 

こんな風に気持ちを込めて、貰う方の喜ぶ顔を想像している時間は幸せで、転職だなと感じます。

これからも花とお客様を繋ぐプランナーとしてがんばりますのでよろしくお願いいたします。

 

贈り物など一緒に考える時間をスムーズにするのにLINE@に登録いただいたりインスタからDMをいただくと

より良いご提案ができメッセージのやり取りができれば、お店にご来店いただく回数を減らすこともできますので

ぜひ花のことで悩んだ際はご連絡下さい。

 

 

 

 
友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 肥料の代わりに!?

  2. 女性が喜ぶ花の贈り方

  3. 日々の不安は花で解決!?

  4. 知っトクとためになる話

  5. 心震える出来事

  6. 地が咲きみだれる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。