将来の夢はお花屋さん

先日。

お母さんと女の子がお花を買いに来た。

 

お母さんが

「誕生日用に1000円くらいで見繕って欲しい」

と言う。

 

子供との会話からお誕生日パーティーをおばあちゃんの家でするのだということがうかがえた。

私は、おばあちゃんの誕生日かな?

と思った。

 

お母さんが、女の子に

「どの花がいい?」

と聞く。

 

女の子はほとんど迷わずに

「これとこれ」

とお花を選ぶ。

 

孫が選んだお花を貰うおばあちゃんはさぞ嬉しいだろうなと想像していたが

どうやら会話をしていると誕生日なのは「女の子」なのだと言う。

 

女の子は小学生にあがるかあがらないかくらいの年齢に見えたからとても驚いた。

5.6歳の女の子が自分のお誕生日にお花が欲しいと言うなんてとても珍しいことだからだ。

 

私はその年齢の時、1000円あったら何が欲しいと言っていただろう?

おもちゃやお菓子が欲しかったのではないいだろうか。

 

まだピンクが好きなのかブルーが好きなのかもあやふやな年齢でお花が好き!と言えるなんてと、とても感動したできごとだった。

 

そして将来お花屋さんになりたいなんて言わないかなと勝手に思ってしまった。

 

人間が手作業でやってきた仕事がどんどんAI化していく時代の中で

手に職を持つということの素晴らしさが廃れていくように感じていたがなんだか少し希望を見た気がして嬉しかった。

 

ぜひ、お父さんお母さんたちは購入するためでなくても子供をつれて「お花屋さん」を覗いて欲しい。

 

花に触れて

職に触れて

土に触れて

人に触れて

文化に触れる

子供たちの経験の一つに、将来の選択肢の一つにお花屋さんのお仕事が加わればとても嬉しいのです。

 

 

 

友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 地が咲きみだれる

  2. 雨の日の楽しみ方

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. 花選びのポイント

  5. 日々の不安は花で解決!?

  6. 女って花が好きな生き物?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。