心震える出来事

お花で心が震えたことがありますか?

 

 

子供のころは好きな人とすれ違ったり、自分のイメージにピッタリの洋服やアクセサリーをみつけたりしただけでも

心が弾みうきうきしたけれど

 

大人になると忙しくてついドキドキやワクワクを放置しがちになっていて

 

沢山買い揃えて並べた、大好きで何度も読み返したマンガを開く時間も、お風呂場でかかとのお手入れをする時間も、なくなってしまって

 

「生きる」ことに必要なことだけに一生懸命で「あのころ」のようには過ごせないことも多くなっています。

でも植物に触れて小さな芽が出た時のウキウキ

殺風景な部屋にお花を置いた時のときめきが

忘れてたことを教えてくれる気がして…

 

なくても生きれる

なくても暮らせる

そんな存在だけど

大事なことは自然から教わることが多い

 

なのに忙しくなると自分が思いついて学んだみたいに勘違いして

また、花を見るとああそうだと思い出す

根をはり

芽を出し

花を咲かせる生命力や繋がりを感じる時

人の心を動かしてしまうそんな植物の力は昔よりも今の時代に必要なのではないかな

 

興味のない人にとってお花は日常の片隅にすらいなくて

アクセサリーやスイーツのお店のほうが魅力的でキラキラに見えるのだろう

 

それでもたまに思い出して欲しい

名前も分からないお花をつんでお母さんに持って帰った日のことを

大切なペットのお墓を奇麗なお花の近くにしたことを

おばあちゃんと探した食べられる草があったことを

友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 知っトクとためになる話

  2. 自分ルールを忘れない

  3. 最後の花

  4. 「謹賀新年」

  5. 季節を先取り!?

  6. ちょっと怖いお花の話し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。