ちょっと怖いお花の話し

むかしむかし、ある所に…

鷹匠の男がいました。

 

彼は、負傷した鷹の傷をある薬草を使って

たちまちに治すと評判でした。

 

人々は、その草の名前を尋ねましたが、男は決して教えようとはしませんでした。

 

ところがある日、その男の弟が、うっかりその草の名前を話してしまいました。

男は、怒りのあまり、刀で弟を切り殺してしまいました。

 

その時、弟の血しぶきがその薬草にかかり、葉に黒いしみを作りました。

 

そして、その事件以来…

その薬草の葉に、黒いしみが浮かび上がるようになった…

と言われています………

 

その薬草というのが、「弟切草」です。

 

聞いたことは、あるのではないでしょうか?

 

黄色いかわいらしい花を咲かせるのですが、

花屋では、主にその後にできる「実」を売っている事がほとんんどで

「弟切草」とは呼ばず、「ヒペリカム」として売られています。

 

とても可愛く、花束やアレンジに使われ、真っ赤な色や薄いピンク・白・緑色をしたものまであります。

ただやはり、昔のお話ししの通り、最初はないのですが、時間がたつと葉に赤黒いしみが

ポツリポツリと出てきます。

 

昔の由来を知っている方は、あまり縁起が良くないと言って、お祝の花束には入れないようにする方もおられますが

現在では、あまり気にせず使うことの方が多いです。

 

気になる方は、葉を取って、「実」だけを使うなど工夫してもいいかと思います。

名前は少し怖いのですが

「実」は、とてもかわいらしくて素敵です。

 

白いヒペリカムを染めたこんな変わり物もたまにいたりします。↓

 

ぜひ、お花屋さんをのぞく時には、見てみて下さいませ。

 

もしかしたら……赤黒いしみが浮き出しているかもしれませんよ。。。( ̄▽ ̄*)

友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. ご指名ありがとうございます。

  2. 当店の紹介

  3. 花言葉

  4. myルール①

  5. 知っトクとためになる話

  6. Myルール②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。