アダムがイブに花を贈る?

先日。

といっても大分前になりますが…

 

横浜のクイーンズスクエア内にて

クイーンズカップなるものが開催されました。

 

女王の盃…

毎年開催されるのですが。

 

毎年違う「お題」に対して作品を作って競うのです。

 

今回のお題は…「ビクトリーブーケ」

 

何かに勝利した人に贈る作品を作った人もいれば

勝利を目指す人にエールを贈る作品を作った人もいて

多種多様な作品を見ていると、自分の心にフツフツと熱い気持ちが込み上げてくるのを感じました。

 

 

入賞作品

(※ちなみに写真は前回の時の作品ではありません…ごめんなさい)

 

人の感性とは不思議なもので、同じお題に対してこうも沢山の表現があるのだとびっくりしながらも

沢山のイメージやインスピレーションをもらって帰ってきました。

 

情熱の熱さが伝わってくる熱い力強い作品。

 

繊細で優しく。息をふきかけたら壊れてしまいそうな作品。

 

まるで、野原の上にいるかのような自然に咲く花をミニチュアの世界に閉じ込めた作品。。。

花と緑フェス銀賞作品

(※こちらもイメージ写真です)

 

今は沢山のお花の商品や技術が進んでいる中で、お花屋さんの原点はこれだなと思わされました。

花を贈る想い。。をお花屋さんは繋いできたのかな…と

 

そんなことを考えていたら

人から人への花の贈りものは

きっとアダムがイブの耳に野の花を差し込んで贈ったのが初めてなんじゃないかと妄想してしまいました。

アダムは奇麗だと思った花を、イブに見せたいと思ったし、贈りたいと思ったのです。

きっと…

イブの喜ぶ顔が見たいと…

そのころは宝石はもちろんなく、身を覆う服すらなかった時代…

奇麗なイブの顔の横で小さなピンク色…黄色かもしれない…花が揺れてさぞ奇麗だったことでしょう。

花を使ってなにかを表現することがなかった時代でも

花を奇麗だと感じ、だれかと分かち合いたいと感じる気持ちは一緒だったのではないでしょうか?

 

何も造形物のなかった時代に1輪の花を「愛する人」に贈ることをスタートだとして、

今は物の溢れた時代の中で

花を表現できる。

そんなお仕事を大切にしたいなと思いました。

 

他の芸術作品。

絵画や陶器などとは違って

1週間くらいでなくなってしまう作品たちが

沢山の人たちの目に触れ、感動が伝わったのならとても素敵です。

 

来年も再来年も、「花」のためにイベントに足を運ぶ人が増えることを願っています。

 

友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 女性が喜ぶ花の贈り方

  2. ワークショップはじめます

  3. HP公開記念ブログ

  4. 知っトクとためになる話

  5. 雨の日の楽しみ方

  6. 冬の植え替えには準備が必要!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。