御供えの花

御供えの花

 

こんにちは。

 

7月に入り、各地で続々と海開きをしていて夏本番を迎えていますが、いかがお過ごしですか。

 

生憎の天気、まさに梅雨って感じでお天道様をなかなか拝むことが出来ない今日この頃です。

 

この時期になるとお盆の季節になってきます。

うちの地域ではほとんどが8月の人なのですが、中には7月におぼんを行う方もいらっしゃいます。

そんな時に必要になるのが

 

・盆花

・まこも

・おがら

・牛馬

・ゴザ    etc・・・・・・

 

地域によって使用するものも変わってきますので一概にこれとは言えませんが・・・・。

 

最近ではスーパーやドラックストア等あらゆるところでおぼんセットなんかを販売していますが、ちゃんとお花屋さんにも売っています。

 

そんな中、花屋としてはやはりお花が一番よくお買い求めいただけます。

ご自宅用や、手土産用など御用とは様々ですが、ここ最近変化してきたことがあります。

 

それは、花の種類です。一昔前は基本和花(菊を中心に)で制作をしていましたが、ここ最近は洋花(菊以外)で制作することが増えてきています。

お客様のニーズが変わってきている所で、洋花の方が華やかになるしバリエーションも多くあるので好まれる傾向があるのかな。

と感じていますが、かといって和花も日本文化の象徴的な感じもありますし、古き良き時代を感じさせてくれる花なのではないのかな。と感じます。

 

皇室や皇族の家紋は十六八重表菊の菊紋ですし、ものすごく高貴なお花だと思います。

 

最近ではディスパットマムと言って洋菊が流行ったりしています。

僕も大好きでよく使用していますが、外国ではマムはプレゼントのお花として活用されているんですよね。

花の色は豊富だし、バリエーション豊かだし、何と言っても長持ちする。

最近は都会の方ではスタンド花に入っていたり、ギフトとしても使用して定着している所もあると聞きます。

 

菊=御供えの花ってイメージは強いかもしれませんが、徐々にイメージが変わって普段使いできるようなお花になると良いですね。

友だち追加

 

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 息をするようにできること

  2. 最後の花

  3. アダムがイブに花を贈る?

  4. 地が咲きみだれる

  5. 女性が喜ぶ花の贈り方

  6. 心震える出来事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。