花よりだんごはもう古い?

どうも。

おいしいものが大好きな花屋のスタッフです

 

インスタでは「花と飯」というコーナーを作って写真を撮っていたりします

 

「食」は生きていく上で絶対に欠かせない物ですね

逆に「花」はなくても別に生きていける物…

 

前回のブログでも書きましたが

なくても生きていける物を生活に取り入れられる余裕はとても大事なことだと思うのです

 

だから食卓に花を飾るようなお家を増やせたらいいなと思っています

 

でも目の前に好きに使っていい1万円があったら美味しい物食べに行きたいですよね?

いいお肉買いたいですよね?

だから美味しい物食べて下さい

でも、1万円のうち1千円をお花に使ってみませんか?

 

食卓にお花を添えて食事してみませんか?

 

 

「デルフィニウム×ソーメンチャンプルー」

 

「菊×日本酒」

 

「菊×柿」

 

「白米×ぬか漬け×どうだんつつじ」

 

「アイビー×作り置きおかず」

 

「菊×煮っ転がし×日本酒」

 

「ガーベラ×アボガドキーマカレー」

 

 

「砂肝しょう油漬け×菊」

 

 

「竜胆×アルストロメリア×がんものチゲ煮」

 

 

 

皆さまもぜひぜひ食卓に花を☆

花と団子を並べて下さい(*^-^*)

 

インスタグラム hanamasa@chigasakiより~写真掲載

友だち追加

The following two tabs change content below.

mio

【こんなことができる人】                                                         フラワープランナーとしてお花を飾る・お花のある暮らしを提案しています。 店舗装飾の依頼や特別なサプライズプレゼントのご相談・写真映えする花束のご提案など 多岐にわたるお花に関わることをプランニングさせていただいています。 裏では、お墓まいりの代行・ネイルサロン経営・ボタニカルキャンドルアーティスト・HP作成 女子力貸します・点描画・花を堆肥に変えるプロジェクト代表などその他にも10以上の顔を持つと言われている とにかく気になったことは全部やる人!全部アウトプットする人!猪突猛進いのしし年・好奇心旺盛ふたご座。 【簡単な経歴】 高校生の時から花屋でアルバイトをして花の魅力にはまりながらも あらゆる知的好奇心が抑えられず、ネイリストやボディーメイクアドバイザーなど美容の仕事にかかわり始め 恵比寿でカウンセリング技術を学び2年という短い期間で500人以上の女性の体の悩みや人生の悩みを聞く中、 自分自身も本当にしたいことというのを改めて考え始め、美容の世界から花の世界へと戻り 「花政」とのパートナー企業、「お花まいる」を立ち上げ現在にいたる。

関連記事

  1. 時には占いも⁉必要?

  2. 花の等級と価格

  3. 令和元年の「母の日」

  4. 新年あけましておめでとうございます。

  5. ワークショップはじめます

  6. 冬の植え替えには準備が必要!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。